トップ

足から納豆のような強烈な臭いがする!もしかして水虫…?

女性の足

足の臭い気になりませんか?

じっとりとした梅雨の季節、汗をかきやすい夏の季節、そして厚手の靴下やブーツを履く冬。

実はほとんど一年中臭いの元は潜んでいるのです。

靴を履いていると足が納豆臭い!と感じたことがあるかもしれませんね。

納豆臭い原因は水虫になっている可能性があるのです。

ここでは足の臭いにも関係する水虫について説明していきます。

水虫って臭いの?

足が納豆臭くてかゆみもある。

ストッキングとパンプスやブーツで長時間過ごす女性の中にはそう悩んでいる方もいると思います。

もしかして水虫?と心配になる方もいるのではないでしょうか?

ということは水虫って納豆臭いの?と思うかもしれません。

しかし水虫のせいで足が臭くなるのではなく、足が臭くなる環境だから水虫ができたという方が正しい表現でしょう。

水虫菌である白癬菌(はくせんきん)が臭うわけではなく、足の裏の高温多湿環境が臭いを発生させているのです。

納豆臭くなるのは、足の裏の湿度や暖かさと菌の活動が、発酵により納豆を作る環境と似ており、納豆と同じような臭いになるものと考えられています。

足の裏には汗腺が多く、意外と汗をかいていて、1日あたりコップ1杯分もの発汗量があると言われています。

年中靴下と靴に覆われているため、汗で蒸れて菌が繁殖し、その菌が繁殖することで臭いが発生します。

厚い表皮に覆われている足の裏は細胞の新陳代謝がゆっくりで、角質がなかなか剥がれないために、菌が角質のタンパク質や皮脂を豊富な栄養源としてどんどん増殖していきます。

汗で蒸れている靴下や靴の中は水虫の発生条件と同じ高温多湿なので臭いが気になり始めたら水虫にも注意する必要がありますね。

どうすれば臭いを抑えられるの?

足の裏は脇の下と違って脂肪やタンパク質を出す汗腺ではなく、エクリン腺という99%が水分でできた汗腺が多くを占めるため、この汗自体においはほとんどありません。

臭いの問題は靴下にあります。

足の臭いが気になったら靴下・靴のケアを始めてみましょう。

靴は抗菌加工で吸湿性のある消臭の中敷きを敷くと臭いを抑える効果があります。

履いている途中や帰宅後には中敷きをアルコールの入ったシートで丁寧に拭き、最低2~3日は乾燥た方が雑菌の繁殖を防ぐことができます。

洗える靴なら定期的に洗ってよく乾燥させてください。

洗えない靴の場合は何足か用意して、一日履いた靴は、風を通して完全に乾燥させてください。

靴は毎日何足かを交代で履くようにすると菌の繁殖を防ぐことができますね。

靴下の臭い対策の理想は、足が汗をかくたびに新しいもの履き替えることですが、それは難しいですよね。

そこでおすすめの靴下は5本指タイプで、指がくっつきにくくなり臭い予防になります。

また靴下の素材は綿や麻、絹などの吸汗性、吸湿性の高いものが良いでしょう。

ストッキングは靴下以上に吸湿性が悪いため、非常に蒸れやすくなりますので、ストッキングを履くことが多い女性は、市販されている消臭の中敷きを敷くのもよいでしょう。

通気性や吸水性のよいストッキングを選ぶのもよいですね。

まとめ

水虫だから臭いではなく、高温多湿で臭いから水虫になるのですね。

まずは水虫だと思ったら皮膚科で受診することが大事です。

しかしかゆみが無く臭いが気になるだけであれば、足・靴・靴下のケアをやってみてください。

8時間以上毎日同じ靴を履く、靴の中敷きを取り替えない、入浴時しか足を洗わない、ブーツやパンプスを多く履くといったことは避けましょう。

水虫と臭いの両方を発生させてしまいます。

そうすれば足の臭いを抑えることができ、周りに気をつかうこともなくなるでしょう。


関連記事

原因カテゴリ一覧

人気記事


スメハラ対策本部トップページ