トップ

女性の加齢臭ってどんな臭い?

今や「おじさんの臭い」として確立された加齢臭。

脂臭くて青臭いニオイを放つと言われていますが、女性の皆さんも他人ごとではありません。

この加齢臭は男女問わず40歳を過ぎたあたりから年齢に比例して強くなり、60代から臭いが急増すると言われています。

そんな女性にも起こる加齢臭がどんな原因でどんな臭いなのか、解説していきます。

加齢臭の原因は?

中高年特有の臭いですが実は正式には「ノネナール」という名前がついています。

このノネナールは中高年の皮脂に含まれている脂肪酸が分解されたり酸化する事によって発生する臭いで、若い人にはこの脂肪酸がほとんどなく酸化する量も少ないため「中高年の臭い」とされているんです。

加齢臭がおじさんの臭いと言われているのは女性よりも男性の方が皮脂量が多いので目立つというだけであって、女性にも加齢臭はあります。

特に女性は皮脂の分泌を女性ホルモンの働きで抑える事が出来るんですが、早くて35歳を過ぎたあたりから少しずつ女性ホルモンの分泌が減少してきます。

女性ホルモンが減少すると今度は男性ホルモンの働きが活発になるため、皮脂が増えて加齢臭を発するようになるんです。

さらに40歳を過ぎると体内の細胞が活性酸素によって酸化しやすくなるため、ノネナールが発生する量が増え加齢臭が強まるといわれています。

加齢臭はどこから臭う?

加齢臭は一般的には「脂臭い」と言われていますね。

この脂臭さは上記でも書いた通りノネナールが原因なんですが、ノネナールは皮脂腺から大量に分泌されます。

なので皮脂腺の多い場所が加齢臭の発生源ということになります。

皮脂腺は主に、

  • おでこ
  • 耳の後ろ
  • ワキ
  • 背中

などの上半身に多く集まっています。

この中でも特に臭いが発生しやすい場所は「耳の後ろ」です。

耳の後ろはお風呂でも意識して洗うことが少ないですし、シャンプーなどの洗い残しが多い箇所なので皮脂が溜まりやすいため臭いが強くなってしまうんです。

耳の後ろの臭いは「こすったら臭い」と言ったように自覚されている人も多いですので、周りから加齢臭を指摘されたり自分で臭いが気になったら意識して洗うようにしましょう。

加齢臭が出てしまった時の応急処置!

もし外出先で自分の加齢臭が気になり始めたらどうすればよいのでしょうか?

実は外出中でもできる、加齢臭の応急処置の方法があるのです。

ここでは加齢臭の応急処置の方法を説明します。

応急処置の方法はウエットティッシュを使う事です。

これはかならず持ち歩いていた方が良いでしょう。

加齢臭の原因となる皮脂が胸の谷間や耳の後ろ、首周りから背中にかけて、毛穴からじんわりと排出されて臭うことになるので、ウエットティッシュで拭き取って臭わないようにしましょう。

これだけで加齢臭をかなり抑えることができます。

できれば熱いおしぼりで拭く方が効果的なので、可能であればおしぼりやタオルをお湯で濡らしてさっと拭き取ると、脂ごと除去することができます。

気付いた時にこまめに拭き取る事でかなりの効果が得られると思います。

また、衣料用消臭スプレーを用意しておくといざという時に役立ちます。

最近では加齢臭に悩む人用に加齢臭対策インナーなども販売されているようですね。

こういった小さな加齢臭対策をしておくと少し安心できると思います。

ひとつ気を付けたいことは、汗を拭きとったタオルやハンカチです。

汗や皮脂を拭きとったタオルをそのままカバンに入れておくと菌が繁殖し、余計に臭いを発してしまい、カバンにまで臭いの元がついてしまうので、使用後のタオルは洗ってからカバンにしまいましょう。

加齢臭を抑える方法

まず先に言ってしまうと加齢臭を治すという事は出来ません。

これは老いを止められないのと一緒で年齢と共に体が酸化したり皮脂の分泌が増えるのを止める事は出来ないからです。

しかし、加齢臭を抑えたり臭いを軽減させる事は可能です。

その方法はと言いますと、

  • 食物繊維を多く摂る
  • 運動をする
  • サプリで対策する

この3つです。もちろん他にも様々な方法があるとは思いますが、比較的簡単で誰でも実践出来る方法として紹介いたします。

食物繊維を多く摂る

ご存知の方がほとんどだと思いますが食物繊維を多く摂取すると便秘が解消されやすくなり排便がスムーズになります。

腸内で発生する臭いの元はお肉や脂物の摂り過ぎによる動物性たんぱく質が原因です。

このたんぱく質が悪玉菌に分解され腐敗して、アンモニアや脂質といった加齢臭の原因を作り出してしまうんです。

なので、食物繊維を多く摂取する事で、この分解されたたんぱく質を外に排出してあげる事が臭いを発生させない方法です。

運動をする

運動をする事で汗をかきますよね。

汗をかく事で体の代謝が上がり加齢臭が体内に留まるのを防ぐ事が出来ます。

汗の中には加齢臭の原因であるノネナールももちろん含まれていますので、外に出す事が出来ますよね。

また20分以上の有酸素運動を続ける事で脂肪も燃焼されやすくなりますので、皮脂の分泌量が減り加齢臭を軽減する事になります。

サプリで対策する

加齢臭の原因は先程も書きましたが腸内からの悪玉菌やたんぱく質の分解によって引き起ります。

そのため腸内環境を整える事も改善方法の一つです。

最近の体臭サプリには体内から発生する臭いの元に作用するものも多く発売されていて、ただ良いニオイを漂わせるだけじゃなく悪臭へのサポートをしてくれるサプリもあります。

私がおすすめしたい「レディーズローズ」というサプリは、シャンピニオン、パインファイバー、柿ポリフェノール、乳酸菌と加齢臭の臭いサポートができる成分が配合されているので対策にはおすすめです。

ヨーグルトでお馴染みの乳酸菌も入っているため、腸内をキレイに維持して、悪玉菌やたんぱく質に作用させる事が出来ますよ。

このように加齢臭はちょっとした意識で軽減する事が出来ます。

男性だけでなく女性も加齢臭がしてくる要因は多いにありますので、少しでも気にしている方がいらっしゃったらぜひこの方法を試してみて下さいね。


関連記事

原因カテゴリ一覧

人気記事


スメハラ対策本部トップページ