トップ

寝起きの口臭で彼とのキスためらっちゃう。口臭の原因はコレ

ベッドの中のカップル

彼氏の家にお泊りして朝起きてキスをする。

カップルならよくある光景ですよね。

そんな時、寝起きの口臭が気になってキスをためらった事はありませんか?

「彼氏は口臭もしないし口も湿ってる」「私だけ口臭がするのかな?」

気になり出したら恥ずかしさとショックで顔を背けたくなりますよね。

女性にとって口臭は一番気にするところですし、息が臭い女なんて思われたら立ち直れません・・。

毎日きちんと歯磨きしてるはずなのにどうして?と悩んでいる女性も多いと思いますが、実は寝起きの口臭がキツくなる原因は口内の問題だけではないかもしれませんよ?

そんな寝起きの口臭で悩む女性の皆さんに、気になる原因を解説していきたいと思います。

寝起きの口臭の4つの原因

普段は気にならないのに、寝起きだけ口臭が気になる!という人は多いと思います。

これは寝る前に歯磨きをして口の中をどんなにキレイにしても、寝ている間は水分を摂ったり出来ないため口の中が渇いて悪玉菌が繁殖しやすいからなんです。

悪玉菌というのは体内で上手く消化されなかった食べ物や体に溜った老廃物(便)から発生し、臭いを放つとされています。

そこで寝起きの口臭に繋がる悪玉菌増殖の4つの原因を解説していきます。

食後8時間後が悪玉菌が最も増える

食後8時間後といえば、ちょうど睡眠時にあたります。

口の中の細菌は食後3時間から徐々に増えだして、8時間後には最大量になると言われています。

起きてる間は歯磨きや唾液によって悪玉菌が増えないように抑えられていますが、寝ている間は口内の唾液の量が減少し、悪玉菌の増殖に繋がります。

悪玉菌が口内に広がっているとどうしても寝起きの口臭に繋がってしまいますよね。

唾液の減少により口内消毒ができない

人間の唾液の中には「アミラーゼ」「マルターゼ」「リゾチーム」という成分が入っていて食べ物のカスを発酵させたり、抗菌作用の働きがあります。

しかし寝ている間は唾液腺の働きも抑制され、起きている間と比べて唾液量が半分程度になってしまいます。

そのため抗菌作用や洗浄作用が失われてしまい、悪玉菌が活発化し寝起きは口臭が強くなってしまいます。

唾液の循環が悪くなる

当然のことですが、寝ている間は口の動きが少ないので口内の唾液の循環も鈍くなりますよね。

「水は流れが止まると濁ってくる」という例えと一緒で、唾液の流れが悪くなると口内を洗い流す力も弱まってしまいます

唾液の循環が止まってしまうことで、口の中のネバネバを作り出し口臭に繋がってしまうんです。

口呼吸になっている

睡眠中に口呼吸になっていると当然口内が乾燥します。

ただでさえ睡眠中は唾液が減っているのに、口呼吸によって乾燥してしまうと悪玉菌がどんどん増殖してしまいます。

また口呼吸をすることによってダイレクトに臭いを放出してしまいますので、相手にも口臭が気付かれてしまいます。

自分が口呼吸になってしまっているかもと感じる人は意識して鼻で呼吸するようにしましょう。

ネバつきがあったら危険信号

寝起きの口臭がきつくなる予兆として、口内のネバつきがあります。

朝起きて、口の中がネバネバするという経験は少なからずあると思いますが、このネバつきは、上記にも書いたように睡眠中に「口呼吸」や「ドライマウス」になっていることが原因です。

口の中が乾燥すると雑菌が繁殖してしまうのは理解できたと思いますが、この雑菌は口内の糖分をエサにして増えていきます。

そして、その糖分を「グルカン」という粘着性物質に変え、口の中のネバつきを起こしているんです。

人間の唾液の中には糖分が含まれているので口の中が多少ネバネバして歯磨きをすればネバつきがなくなるというのなら特に心配する必要はありませんが、時間が経てばネバつきが出てくきたり、ネバつきのせいで口臭がいつもより強いという場合は、「歯周病」や「ドライマウス症候群」といった病気にかかっている危険性もありますので、早めに病院を受診することをおすすめします。

寝起きの口臭を防ぐためには?

では、どうやってこの寝起きの口臭を抑える事が出来るのでしょうか?

改善策としましては、

  • マスクをして寝る
  • 寝る前に水分をたくさん摂る
  • アルコールを控える

です。この3つに共通して言える事は臭いの元の悪玉菌を増やさないようにするという事なんです。

マスクをして寝る

マスクをして寝る事で口内が渇くのを防ぐ事が出来ます。悪玉菌は乾燥した環境で動きが活発になりますので、口内を乾燥させない事で悪玉菌が悪さ出来ないようにするんですね。

また寝ている間に口呼吸になってしまってもマスクをしている事で渇きを防げますよね。

どうしても息苦しくて眠れないという方は鼻だけ出すような付け方をすれば苦しさは和らぎますよ。

寝る前に水分をたくさん摂る

こちらも乾燥を防ぐ事が出来ますね。

寝る前に水分を摂る事で口の中が湿りますし、体内に十分な水分を確保する事が出来ます。

体内に水分が十分ある事で、寝ている間も唾液をしっかりと分泌する事が出来ますので口臭予防になります。

また朝起きて水分を摂るのもおすすめです。

起きてすぐというのは唾液を出そうと思ってもどうしても出にくい状況です。なのでコップ1杯でも水分を摂る事で寝起きの口臭をカバーする事が出来ます。

アルコールを控える

お酒を飲んだ次の日の朝は喉が凄く乾いているという経験はありませんか?

アルコールというのは体の水分を蒸発させてしまうので口の中だけでなく全身の水分が足りなくなってしまいます。

その影響で悪玉菌が口内で活発に動き出しますので臭いを引き起こす原因になってしまいます。

またお酒を飲みすぎると胃の中からアルコールの臭いが逆流してしまいますのでより寝起きの口臭を強くしてしまうんですね。

彼氏とのデートでどうしてもお酒飲みたいという方はお酒と一緒にお茶やジュースなど水分も一緒に摂るようにしてなるべくアルコールの臭いを薄めるようにして下さい。

予防の基本歯磨きの正しいやり方

歯磨きする女性

寝起きに関わらず口臭を防ぐためには正しい歯磨きをする事も大切です。

間違った歯磨きをしていますと食べ残しや歯周病、舌苔が出来て悪玉菌を発生させてしまう原因になってしまいます。

そこで正しい歯磨きのやり方をお教えしたいと思います。

ポイントは、

  • 歯ブラシの毛先を歯、歯肉に90度にあてる
  • 1本1本小刻みに動かす
  • 歯と歯茎の間を磨く

です。自分ではきちんと出来ているようでも意外と意識して磨いている人は少ないと思います。

毛先を歯や歯肉に90度にあてる事でブラシがきちんと汚れに密着しますのできれいに落とす事が出来ます。

また1本1本小刻みに動かす事で歯の清掃力がアップします。

これはスクラビング法と言いまして歯医者さんでも推奨している磨き方です。

小刻みに動かせば、歯の表面の最も歯茎に近い部分に歯ブラシの毛先が届くので完全に歯をきれいにすることができるんです。

さらに毛先ではなくブラシの側面が歯肉にあたるため歯肉を傷つけずに済みます。これは口臭の原因である出血などからの歯周病も防ぐ事が出来ますので予防には最適な磨き方です。

歯の汚れをキレイに落とせたら、歯と歯茎の間も意識して磨くようにしてください。

間を磨く事で歯茎の引き締め効果があり、歯茎がきれいなピンク色になってきます。

歯茎が引き締まれば、菌の侵入を防ぐ事が出来ますし悪玉菌が発生させる臭いを軽減する事が出来ます。

このように正しい歯磨きをするだけでも口臭は随分防ぐ事が出来ます。

汚れをきれいに落とす事で臭いの発生元を断つ事が出来ますね。

また歯磨きと一緒に舌磨きをするのもおすすめします。

舌磨きはあまりした事がないという女性が多いと思いますが、ただ歯磨きをするよりも確実に口臭予防の効果はあります。

舌に付いている白い汚れ舌苔が口臭の原因を作り出していると言っても過言ではないからです。

ドラッグストアに行けば今では当たり前のように舌磨き用のブラシも発売していますし、女性でもエチケットとして舌磨きをする方も増えてきていますので気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

また若い女性の間では口臭予防としてサプリで対策をしている方も増えているようです。

確かにサプリですと、彼氏に合う前にこそっと飲んでおけば簡単に対策出来ますし最近では息が良い香りになるサプリなんかもありますので女子力アップも期待出来ますね。

たくさんある口臭サプリの中で最も人気があるのは「レディーズローズ」というサプリです。

このサプリのおすすめは単に臭いのサポートというだけでなく、体内から発生する臭いを根本から対策してくれるというサプリなんですね。

もちろん寝起きの口臭もサポートしてくれて、口内に潜んでいる悪玉菌に働きかけますので、彼氏とのキスも安心です。

しかも息をバラの香りにしてくれる効果も期待でき、世界で最高級の「ダマスクローズ」が使われていますので爽やかな息を実感する事が出来ます。

あなたもぜひ口臭対策の一つとして「レディーズローズ」を試してみてはいかがですか?


関連記事

原因カテゴリ一覧

人気記事


スメハラ対策本部トップページ