トップ

更年期??陰部が臭い・・・

更年期の臭いに悩む女性

更年期になると加齢臭、ミドル脂臭などのスメハラに関わる臭いが発生してきます。

特に40代から50代の方は更年期の影響でおりものの量は減るけど、水っぽいおりものやおりものの臭いなどに悩んでいる方が多いのです。

更年期に入るとおりものの臭いが急にきつくなると感じる方もいますよね。

更年期の臭いの悩みは女性なら誰でも抱える問題のひとつです。

ここでは更年期による陰部、おりものの臭いとその対策について説明していきます。

陰部が臭くなるのはなぜか?

更年期になるとなぜ陰部が臭くなってしまうのでしょうか。

それはデーデルライン桿菌(かんきん)が関係しているのです。

デーデルライン桿菌とは、膣内に常在する体にとって良い菌の1つで、膣の中で乳酸を産生し、これにより膣内は強い酸性に保たれて、外からの感染を防ぎ、雑菌が繁殖することを防いでいます。

俗に言う「膣の自浄作用」ですね。

おりものが下着に付いたとき、酸っぱいようなニオイがすることがありますが、これはデーデルライン桿菌が乳酸桿菌の一種だからです。

更年期になり女性ホルモンが減少すると、デーデルライン桿菌がいなくなってしまい、膣内は細菌が繁殖しやすくなります。

なので女性ホルモンの減少でデーデルライン桿菌が減り、雑菌が増えおかしな臭いになるのです。

さらに更年期になると女性ホルモンのバランスが崩れて、エストロゲンが減少してしまう事でパルミトオレイン酸の酸化を防げなくなってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れによって皮脂の過剰分泌も起こりやすくなり、どうしても臭いが出てしまうのです。

更年期の女性が側を通った時など、強い臭いを感じてしまいますが、どうやらどの女性にも起きてしまうことらしいですね。

更年期が近付いている方やすでに更年期の疑いがある方は注意してみてください。

陰部の臭い対策

陰部は湿気が溜まりやすく、おりものの量が増えれば増えるほど湿気が溜まって臭くなってしまいます。

コットンやシルクなど、通気性のいい下着を身につけましょう。

また、洗いすぎはよくありません。

陰部が臭いからと言って石鹸やボディソープなどのアルカリ性のもので洗わないことです。

石鹸を使うと膣内の酸性が弱まりアルカリ性になってしまい、雑菌が急激に繁殖してしまい逆効果になります。

洗うのであれば専用の酸性のソープをおすすめします。

洗う時の注意点としては、指の腹でデリケートゾーンのしわや溝に沿って洗う事です。

決して爪を立ててひっかくようにして洗ってはいけません。

また、デリケートゾーン用に作られた石鹸だからと言っても洗いすぎはよくありません。

洗いすぎて匂いが悪化してしまうこともあるのでご注意ください。

更年期になるとおりものが水っぽい!?

水っぽいおりものは水様帯下(すいようたいげ)と呼ばれるものです。

更年期や閉経の時期に水様帯下の症状がみられた時は子宮がんや子宮の病気が原因になっていることがあります。

感覚としては尿漏れの様な感じでおりものがでるといったものなので、思い当たる方は一度病院で検査をしてもらいましょう。

また更年期になると血が混じるようなおりもの(見た目はピンク色)が見られることがあります。

更年期は不正出血が起こりやすいく、血が混じったようなおりものが出た時は少量の不正出血があったと考えてよいでしょう。

ただし血が混じっているおりものが出て、腹痛や下腹部の痛みを伴う場合、病気が原因で出血を起こしている可能性があります。

更年期に入ってからの生理的な変化・病気の2つのパターンがありますので、おりものの変かを注意深く観察しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

更年期は誰しもが経験し、特に女性は陰部の臭いがスメハラに繋がる恐れがあります。

対策をしっかり行い、スメハラにならないように注意しましょう。

また、更年期による女性ホルモンのバランスの乱れを抑えるサプリメントなどを使うのも有効なので、ぜひそちらもお試しください。


関連記事

原因カテゴリ一覧

人気記事


スメハラ対策本部トップページ