舌が白くてネバネバする。口臭大丈夫かな…

舌

寝起きや食後、夕方などに気付いたら舌が非常に白く、ベッタリと粘りっこい状態になっていた経験ってありませんか?

その白い物、口臭の原因になるんです。

気にしてるのに舌が真っ白になってしまって口臭もネバネバも気になる。。。という悩みを持つ女性って意外と多いんです。

そもそもなぜ舌が白いくなるのでしょうか?

舌が白くなる原因は「舌苔(ぜったい)」と呼ばれる苔が付着しているものなのです。

ここではその舌苔について説明していきます。

舌苔ってなに?

舌苔は口の中にある細菌と、食べカスや剥がれ落ちた上皮細胞のカスが結合してできる歯垢です。

口の中にある細菌の数は非常に多く、舌の表面だけでも約5000億個の細菌がいるとされています。

口臭が生まれるのは、口の中にある嫌気性細菌が、食べカスや上皮細胞のカスなどに含まれるたんぱく質を分解して、臭い物質である発揮性硫黄化合物を生成することに原因があります。

舌苔が口臭の原因になるのは、口臭の主な原因となる環境が舌苔にあるからです。

口臭は、普段は唾液の抗菌作用により抑えられています。

ですが、普段から口呼吸で口の中が乾いてしまいがちな人や、起床時や空腹時など唾液の分泌が減っている状態の時は、唾液の抗菌作用が失われて細菌が増殖し、臭い物質の生成が活発になって口臭を発生させています。

舌苔になる要素は常に潜んでいるんですね。

なぜ舌苔ができるの?

舌苔になる原因はいくつか考えられます。

唾液が少ない

唾液には抗菌作用があるため、唾液が少なくなると舌苔を生じやすくなります。

ストレスや薬、全身的な病気によって唾液の量が減ると、汚れや細菌が舌に詰まることにより、舌苔が生まれます。

食べカスや剥がれた上皮細胞のカス

食べカスや剥がれた上皮細胞のカスが舌の細胞の間に残り、舌苔になる事があります。

舌の運動の機能低下

舌の運動量が低下し、舌表面の汚れが落ちにくくなることが舌苔を生み出す原因になります。

朝起きた時に口臭が気になる事が多いですよね。

これは就寝中は舌の運動量と唾液が少なくなるため、舌の汚れが蓄積してしまうことが原因なのです。

口呼吸

汚れは乾燥するとこびりつき取れにくくなるため、口呼吸だと舌苔ができやすくなります。

キッチンなどでも濡れている間は汚れがすぐに落ちますが、一度乾燥してしまうと簡単には取れなくなりますよね。

これと同じ原理が口の中でも起きていて、口臭の元になってしまいます。

口の中はいつも唾液で濡れていますが、口呼吸の場合乾燥してしまい、汚れがこびりついてしまうのです。

舌の位置が低い

舌の正しい位置は上あごについている状態です。

そのため、舌苔ができるいちは常に上あごとすれて、汚れが落とされていきます。

舌の位置が低い人は、すれて汚れが落とされないため、舌苔がつきやすくなっているのです。

胃腸の調子が悪い

胃の調子が悪いと口の中にも影響を与えます。

胃腸に何らかの障害を生じていて消化機能が低下している場合には、真っ白で厚い舌苔が舌一面に付着するようになります。

舌磨きをこまめに行っているのに舌苔がすぐに付く、食事をとっていないのに舌苔が付着しているという場合には、胃腸に原因がある可能性があります。

その場合は一度内科などを受診して相談してみても良いかもしれませんね。

抗生物質

抗生物質やステロイド剤を長期間のみ続けると、口の中にいる細菌の種類が変わり、黒い舌苔の黒毛舌(こくもうぜつ)が発生する場合があります。

薬の影響でカビ菌の一種であるカンジダ菌が増え、硫黄化合物と血液中のヘモグロビンが結びついて黒くなると言われています。

舌苔の対策方法は?

現在は舌専用のブラシが市販されているので、それを準備しましょう。

使い方は舌ブラシに付いているブラシやスポンジで、舌の汚れを絡めとります。

舌のなるべく奥のほうから、手前に向かって、やさしくブラシを滑らせます。

舌ブラシに汚れが付いたら、水やぬるま湯でよくゆすぎながら使いましょう。

注意点は舌が白いからと言って、過度にブラッシングをするのは厳禁です。

舌の表面が傷ついてしまい、味覚がおかしくなってしまう可能性もあります。

優しくそっと撫でる程度に磨くことをおすすめします。

舌苔と病気って関係あるの?

舌は内蔵を映し出す鏡とも言われています。

舌の色が少しおかしいなと感じたら、カラダを酷使していないかしっかりとチェックするようにしてください。

舌の異変は身体のSOSサインなので、何日も違和感が続くようでしたら、早めの受診をおすすめします。

中には、舌の異変から舌癌に気がつく方もいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

舌苔は誰にでもできる口臭の原因です。

毎日簡単に出来るケアを実践してみてはいかがでしょうか。

口臭を抑え、また一歩素敵な女性に近づきましょう。