⇒ 早く体臭を治したい!体臭リセットサプリ♪「臭ピタッ!」

みんなが持ってる悪臭の原因!臭い玉の取り方と予防法!

女性の口

「臭い玉」って知っていますか?

名前ぐらいは聞いたことがあるっていう人もいると思いますが、子供から大人まで女性、男性関係なく持っている悪臭を放つ玉のことです。

この臭い玉は口の中に潜んでいて、くしゃみや咳をしたり、大きく口を開けた時なんかにポロッと取れたりします。

この臭い玉はかなりの悪臭で、口臭がひどくなる大きな原因を持っています。

そんな臭い玉についての原因から取り方、さらには予防法までお教えしたいと思います。

そもそも臭い玉って何?

臭い玉というのは簡単に言いますと細菌の塊で正式名称は膿栓(のうせん)と言います。

この膿栓は、口の中に潜む歯周病菌大腸菌などの細菌が数億個も集まってできた塊で乳白色をしています。

くしゃみや咳などと一緒に飛び出すことがあります。

大きさは1ミリ程度のものから豆粒大と大きいものまであり、特に潰した時に強烈な悪臭を放ちます。

この臭い玉がある状態ですと、どんなにきれいに歯磨きをしても臭いが取れる事はなく、相手にも臭いが感じ取れる程の悪臭です。

どんな臭いなの?

臭い玉の臭いは「ニンニクやニラのにおい」「ドブ臭い」などの表現がよく使われます。

これは、扁桃腺に付着している臭い玉が時間が経つにつれて石灰化して硬くなり、どんどん腐敗していく事でこのようなにおいになると考えられています。

臭い玉ってどこにできるの?

主に口の奥の扁桃腺の隙間に付着していて、風邪を引いた時によく腫れる場所辺りにできます。

私の場合は扁桃腺炎になった時に左の扁桃腺の隙間に大きな臭い玉が出現しました。

初めて見つけた時は「なんだこれは!?」と驚きました。

扁桃腺の周りには小さな穴がいくつもあるので、扁桃腺のくぼみに臭い玉は溜まります。

口を大きく開けた時に、奥に白っぽいこぶが見えたら、それが臭い玉です。

大きさや口の形により見えない方もいますので、見えないけど確認したい方は耳鼻咽喉科で内視鏡を使った検査してもらうとよいでしょう。

場所が場所なだけに口臭に直接影響しそうですよね。

しかし臭い玉が全力で臭いを放つのは臭い玉を潰した時なので、口の中にいる間は我慢できる程の口臭で済むでしょう。

また、目に見える臭い玉が全てではありません。

目に見える臭い玉はほんの一部で、臭い玉が出てきている穴の奥に少しだけ空間があります。

その空間に臭い玉が蓄積されていき、大きくなった臭い玉が顔を出してくるのです。

臭い玉が溜まっている方は口臭が気になったり、のどの奥がイガイガ感(異物感)があるかもしれませんので、気になった方は確認してみてください。

臭い玉はどうして出来るの?

臭い玉が付着している扁桃腺には、腺窩(せんか)陰窩(いんか)と呼ばれる小さな穴があり、その2つの穴から喉に侵入してくる細菌を退治するための免疫物質を分泌しています。

その免疫物質が退治した外からの細菌の死骸や白血球の死骸が扁桃腺の隙間にどんどん溜まっていき臭い玉になっていきます。

また、空気中のちりやホコリが息を吸った時に細菌の死骸と混じり合い、臭い玉を大きくしているんです。

「喉の奥に何か挟まっている違和感がある」「歯磨きの後も口臭が気になる」「口を開けると白い物が見える」など、自分でも感じる違和感があった場合は臭い玉が付着しているサインかもしれません。

風邪を引きやすかったり、口呼吸がクセになっている人は臭い玉が出来やすいとされていますので注意が必要です。

臭い玉を取る方法

臭い玉を取る方法ですが、まず注意点として、指や細い棒などを口の中に入れて無理に取り出すのは絶対にしてはいけません。

扁桃腺というのは口の奥にあり、粘膜で覆われているためちょっとした刺激でも傷つきやすいので無理に取ることだけは止めてくださいね。

ここでは、安全な方法での臭い玉の取り方をお教えします。

  • 水で流し出す
  • 耳鼻咽喉科に行く

この2点が一番安全に取る方法です。

水で流し出す

臭い玉は水圧で取るという方法が一番安全で確実です。

勢いよくうがいをしたり、お風呂に入った時にシャワーを当てるのも効果的です。

水圧を利用することにより、扁桃腺の腺窩(せんか)と陰窩(いんか)に入り込んだ臭い玉にも水が行き届くためきれいに取ることが出来ます。

また、水なので粘膜を傷つける心配もないので安心ですよ。

耳鼻咽喉科に行く

耳鼻咽喉科は、耳、鼻、喉の治療だけではなく臭い玉の除去も専門としています。

臭い玉の除去というと少し恥ずかしいかもしれませんがきちんと専門で診察していますので、安心して下さい。

プロの手によってきれいに取ってくれますので一瞬で終わりますし、痛みも全くないですよ。

臭い玉を作らない予防法

臭い玉を作らないようにするには扁桃腺を手術するという方法がありますが、お金も時間もかかるし何より自分の体にメスを入れるのは怖いですよね?

なのでここでは、自宅でも簡単に出来る臭い玉を作らない予防法をお教えします。

鼻うがいをする

臭い玉が出来る原因は上記でも書いた通り、細菌の死骸や空気中のちり、ホコリが原因です。

鼻うがいをすることで口内のちりやホコリ、ウイルスを洗い流すことが出来ます。

ご存知の通り鼻と口は繋がっていますので、口の奥にある扁桃腺まで洗うことが出来るんです。

定期的に鼻うがいをする事で、臭い玉の予防だけでなく風邪の予防も出来ますのでおすすめですよ。

口内を乾燥させない

これは臭い玉に限らず口内が乾燥していますと悪玉菌の繁殖に繋がるため、口臭がひどくなってしまいます。

水分を摂ることによって口の中を洗い流す事も出来ますし、悪玉菌を減らす事にも繋がりますので、口の中を意識して潤わせておくことが大切です。

まとめ

このように臭い玉は細菌の死骸やホコリが扁桃腺に付着することで出来てしまうという事がお分かりいただけたと思います。

臭い玉は誰しもが口内に持っていて自然にできてしまうものなので、ここでご紹介しました方法をぜひ実践してもらえれば確実に口臭は改善されます。

また、臭い玉を除去してもニオイが気になるという方は、口臭や体臭のサポートをしてくれる、サプリを利用すればニオイ対策ができるだけでなく、良い香りを放つことができますのでぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?