親知らずは口臭の元?親知らずによる口臭の原因とは?

歯ブラシで歯を磨いている写真

みなさんはもう親知らずは生えていますか?

すでに抜歯した人もいるだろうし、まだ生えていないという方もいると思います。

経験した方なら分かると思いますが、親知らずの抜歯ってめちゃめちゃ痛いですよね…

しかし、もう親知らずを抜歯した人は正解だったかもしれません。

実は親知らずが生えたことによって不快な口臭を発している人が多くいるのです。

えっ?親知らずって臭いを発しているの?と思うかもしれませんが、親知らず自体が口臭の元になっている訳ではありません。

ここでは親知らずと口臭の関係について説明していきます。

親知らずが原因で口臭がきつくなる?

親知らずが生えると、親知らずだけに限らず隣の歯を磨くのも難しくなりますよね。

親知らずがきれいに生えていない場合、歯磨きの時に親知らずの周りを磨き残してしまうことが多くなります。

そうすると磨けなかった場所に食べカスや汚れが蓄積して、その食べカスや汚れが腐って細菌が繁殖し、歯の周りに炎症が起きてしまいます。

これは歯周病と呼ばれるもので、歯周病になると歯茎の痛みや腫れが表れます。

さらに膿が出始めてこれが口臭の発生に繋がるのです。

また、親知らずと親知らずの前の歯は虫歯になりやすい事も有名な話です。

これもやはり磨きにくい位置に生えているという要因が大きいようです。

虫歯も口臭の原因になりますので、虫歯にならないようにしっかりと磨くようにしましょう。

虫歯で穴の開いた歯にはプラークや虫歯菌や膿が溜まりやすく、口臭の原因になります。

ここまで説明したとおり、親知らず自体が臭いのではなく、親知らずが生えたことで口内環境が変わり、磨き残しなどから口臭を発するんですね。

どうやって予防すればいいの?

ここでは親知らずに関わる口臭の予防対策を紹介します。

まずは基本ですが、歯をしっかり磨く事です。

口臭を予防するためには親知らずの周りに汚れを溜め込まないことを意識してください。

普通の歯ブラシでもよいですが、タフトブラシという三角形の歯ブラシもあり、斜めに生えている親知らずと親知らずの前の歯の間をきれいに磨くことができるものです。

もう一つの対策として洗口剤で口をゆすいで殺菌する方法があります。

歯ブラシだけではどうしてもうまく磨けなかったリ、歯茎のはれや痛みが強い時はブラッシングすることはできないと思います。

そこで便利なのが洗口剤で、代表的な物がイソジンです。

今では薬局なんかで色んな種類の洗口剤が売られていまので調べてみてください。

殺菌効果があるので、虫歯菌を除去することができますし、水分なので歯ブラシでは届かないところでも洗浄することができますね。

また、唾液の殺菌作用に頼るのもよいかもしれません。

唾液には殺菌作用があり、唾液の量が減ると口の中の細菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

口が渇きやすい人はキシリトールガムなどで常に唾液を出して口の中の細菌を殺菌することで口臭が減ります。

親知らずは絶対に抜いた方がいいの?

必ずしも親知らずを抜く必要はありません。

親知らずがきれいに生えている状態、例えば親知らずが真っすぐ生えている方、親知らずに歯茎が被ってない方、親知らずの上下の噛み合わせが上手くいっていて歯として機能している方は抜歯しなくても問題ないようです。

親知らずが斜め向きや横向きに生えている人は注意が必要です。

ちなみに親知らずは骨格や歯並びにも影響する可能性があります。

親知らずを抜いた後も注意が必要

親知らずを抜いたから口臭の心配がいらなくなった!という方もいるかもしれませんが、まだ油断はできません。

親知らずを抜いた後も口臭を発生させる要因があるのです。

親知らずを抜くと、そこに穴が出来てしまいますよね。

その穴には食べカスが溜まりやすいのです。

通常の歯の状態なら歯磨きで直接磨き落すことができますが、抜いた後の歯茎の穴はごしごし磨くことはできません。

親知らずを抜いて傷付いている箇所を再び傷付けることになってしまいます。

親知らずを抜いた直後は穴が開いていて、骨がむき出しの状態になり、血が少しずつ傷にふたをして傷口を塞いでいきます。

そんなところを歯ブラシでごしごし磨いてしまうと、血の膜を傷付けたり取り除いたりしてしまい、また1からやり直しという悪循環になってしまいますね。

では対策はないのでしょうか。

実は「耐えるしかない」のです。

親知らずを抜いた後の口臭は抜歯後の穴が塞がるタイミングと共におさまります。

期間で言えばだいたい1ヶ月から2ヶ月ぐらいです。

穴が塞がってしまえば口臭の原因になる穴もなくなるので、それまでの我慢です。

口臭がきつくてスメハラになりそう。。。と気になる方は、ガムを噛んだりスプレータイプのブレスケア、マスクをするなどでごまかしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

親知らずがまっすぐ生え、歯茎が被っていない人は少ないようです。

そのため親知らずが生えたことで口臭がきつくなった人は多いようですね。

親知らずは人によって形や生え方が全く違う!と歯医者さんに聞いた事があるので、すべての人に当てはまるとは限りませんが、親知らずが生えてから口臭が気になりだした方は注意してみてください。


関連記事

原因カテゴリ一覧

人気記事


スメハラ対策本部トップページ