⇒ 早く体臭を治したい!体臭リセットサプリ♪「臭ピタッ!」

糖尿病は臭いで分かる!女性にも多い理由

糖尿病の原因砂糖

いきなりですが、あなたのおしっこの臭いに何か変化があったりしませんか?例えば甘酸っぱい臭いがするとしたら、もしかすると糖尿病の初期症状かもしれません…?!

糖尿病と聞くと更年期ぐらいからの病気というイメージを持ってらっしゃる方も多いと思います。しかし、実は若い女性もなりやすい病気なんです。

厚生労働省の「平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要 」によると、糖尿病の患者数は316万6,000人となり、前回(2011年)調査の270万から46万6,000人増えて、過去最高となって日本に住んでいる女性の10人に1人は糖尿病にかかっているようです。

若くてもかかってしまう現代病と呼ばれている糖尿病ですが、糖尿病にかかると体臭から独特の臭いを放つと言われており、臭いに敏感な女性にとっては気になるところだと思います。

「この臭い、もしかして糖尿病かも・・。」「ちょっと自分の体臭が気になる・・。」

そんな方のために糖尿病にかかるとどんな臭いになるのか、どのように予防をすれば良いのか、女性が糖尿病になりやすい理由を含めて解説していきたいと思います。

糖尿病にかかっている人の体臭は甘酸っぱい?!

糖尿病にかかると体臭が強くなり、甘酸っぱい臭いになると言われています。

この臭いは体のエネルギー源として使われるはずの糖分が関わっています。糖尿病にかかると体内で糖分をエネルギーに変える機能が異常を起こし、エネルギーに変換されずに多くの糖分が血液に流されてしまいます。

さらにエネルギーの変換機能に異常が起こると、糖の代わりに脂肪分がエネルギー元として使われるようになります。

すると、ケトン体という物質が作られていき、血液中にケトン体が混じっていきます。

ケトン体はレモンの汁などと同じ酸性を示しています。つまり糖分とケトン体が血液に乗って、全身を巡って汗として外に出てくるので、甘くてすっぱい臭いが体臭となってにおってきます。

⇒ん?もしかすると臭ってる?焦り始めたら体臭サプリ「臭ピタッ」

 

臭い以外でわかる糖尿病のチェック方法

糖尿病は自覚症状が少ない病気と言われていて、知らず知らずの内にかかってしまっている事が多い特徴があります。

特に自分の身体から発する臭いはなかなかわかりにくいですよね?そこで臭い以外で糖尿病を発見出来るチェック方法をお教えいたします。

  • 喉が良く渇くようになった
  • 食欲が増した
  • 以前より汗をかくようになった
  • トイレが近くなった
  • 尿の臭いが気になる
  • 手足の冷えが気になる
  • 皮膚が痒い
  • 体がむくみやすくなった

もし該当する症状が多い場合は糖尿病の疑いが考えられます。できるだけ血糖値を計る検査を受けたり、医師へ相談しに行かれたほうがいいと思われます。

女性がかかりやすい糖尿病とは?

糖尿病はさまざまな原因によりいくつかのタイプに分かれますが、日本の糖尿病患者の約95%の方が、2型糖尿病というタイプに当てはまります。

この2型糖尿病は血中に含まれるインスリンという糖をエネルギーに変換する働きを持つ成分の分泌が少なくなったり、インスリンの働き自体が悪くなったりすることで起こります。

これは、遺伝や高カロリー、高脂肪食、運動不足などが原因で発症し「生活習慣病」の一つともされています。

しかし最近では若い女性にもこの2型糖尿病にかかる人が増えているようで、甘い物での糖分の摂り過ぎや、ダイエットによる栄養不足が原因で発症する女性も多いようです。

糖尿病の初期症状とは?

糖尿病にかかると初期症状として、「喉の渇き」や「手足のしびれ」などが多く見られますが、女性特有の初期症状としてはデリケートゾーンの痒みが見られます。

このデリケートゾーンの痒みは、糖尿病にかかる事で体内のブドウ糖が増え尿と一緒に流れ出てしまう事で外陰部に常在している真菌のエサになってしまうため、真菌が繁殖しやすくなり女性の一番敏感なデリケートゾーンの粘膜部分が痒くなってしまいます。

女性の多くはデリケートゾーンの痒みは婦人科で受診されると思いますが、糖尿病による痒みは婦人科では見てもらえません。

糖尿病を詳しく診ることができるのは内分泌科がメインであり、婦人科に行ってもわからず発見が遅れて、症状が悪化してしまう方が多い傾向があります。

若い女性も糖尿病になる可能性が?!

また糖尿病のなかには「妊娠糖尿病」と呼ばれる症状もあり、妊娠中はわずかな高血糖でも胎児に影響を与えてしまうため、少しでも糖代謝異常が見つかれば、妊娠糖尿病と診断されることがあります。

これは妊娠中に胎盤が作るホルモンがインスリンの働きを抑える作用があるため、十分なインスリンの分泌が出来なくなり血糖値が上昇してしまいます。

このように最近では、20代~30代の女性にも発症する可能性があるため、若いうちから対策をしておくことが大切です。

糖尿病の体臭を予防法は?

女性にとって一番気になるのは糖尿病による体臭の予防法ですよね。糖尿病の体臭の原因は皮膚や汚れからではなく、食べたものなどから発生する臭いが原因なので体内環境の改善が一番の予防法です。

体内環境を改善するためには、食生活の見直しや適度な運動での代謝アップが大切です。糖尿病の臭いに効果のある食べ物は、「山芋」や「じゃがいも」と言った根菜類が良いとされています。

根菜類には、糖尿病の原因であるインスリンの分泌を助け、消化酵素の働きで血糖値の上昇を沈めてくれる効果がありますのでおすすめです。

血糖値が上がらずにインスリンが分泌されることは、糖尿病の臭いの元であるケトン体の発生も防ぐ事が出来ますので体臭改善になります。

糖尿病には梅干しが効く!?

サプリ以外で糖尿病を改善していく手段として、梅干しが効くという話があります。近年、梅干しの力が見直されて糖尿病にも効果があると考えられていて、梅干しにはインスリンをコントロールする力があると言われています。

梅干しの酸っぱさの素になるクエン酸は糖代謝を促進し、食べ物がエネルギーに変わるのを助け、血液を綺麗にして血糖値が上がるのを抑制する効果があるのです。

しかし、梅干しには多くの塩分が含まれています。腎臓と血圧に問題が無ければそれなりに食べる事は可能だと思いますが、塩分過多の原因になってしまうので食べ過ぎは控えて、適度な量を摂るようにしましょうね。

糖尿病にかかりやすくなる食べ物とは?

糖尿病を予防する食べ物について話しましたが、逆に糖尿病にかかりやすくなる食品は何でしょうか?

とりあえず糖分を摂りすぎているのがダメそうですよね?調べてみると、お菓子はもちろんくだものの缶詰や菓子パン、ドライフルーツ、レトルトやインスタント食品などもダメだそうです。

加工された食べ物には、しっかりと味をつけるために砂糖や脂肪が大量に含まれています。多く摂取してしまうとパンクを起こして十分にエネルギー変換できずに糖尿病の原因になります。

また、アルコール飲料もあまり飲まないほうがいいようです。糖分がエネルギーへ変換する働きを肝臓が行っています。しかしアルコールは肝臓に大きな負担をかけるので糖尿病の原因になる場合もあります。

糖尿病による体臭はサプリで改善できる?!

糖尿病は食生活の改善と同様に、体臭サプリなどを利用して臭いを抑えるというのもおすすめです。

最近の体臭サプリには臭いの抑制だけではなく体内から発生する臭いの元に直接効果を発揮するサプリも多く発売されていますので、糖尿病の臭いの予防にも効果的です。

「臭ピタッ」と呼ばれる体臭サプリは体内環境を改善する効果にすぐれており、多くのリピーターを生んでる人気のサプリメントです。

「毎日の栄養バランスを考えるなんて難しい!」「近頃自分の体臭が気になってきた・・。」などを思っている人は、その場しのぎで臭い対策するのではなく、しっかりと確実に効果を得たい方は試してみてはいかがでしょうか?

おすすめ体臭サプリ「臭ピタッ」はこちら >>