⇒ 早く体臭を治したい!体臭リセットサプリ♪「臭ピタッ!」

蓄膿症の臭いをどうにかしたい・・そんな時は!

鼻をかむ女性

蓄膿症になった人は分かると思いますが、あの独特な臭い気になりますよね?

ずるずる鼻水は出るし、鼻の奥に言いようもない不快感があります。

膿が溜まっていることが、あの臭いの原因なんですが、いったいどのような理由であの臭いが発生しているんでしょうか?

そこで、蓄膿症の臭いの原因と対処法をお教えしたいと思います。

蓄膿症ってそもそも何?

蓄膿症とは正式には「副鼻腔炎」と呼ばれる病気で、鼻の奥にある副鼻腔という空間に炎症が起きて膿が溜まってしまう事を言います。

鼻炎持ちの人や花粉症、アレルギー症状を持つ人に多くかかる病気ですが、鼻のすすり過ぎや、かみ過ぎが原因で鼻の粘膜から副鼻腔にかけて細菌感染を起こし炎症してしまう事が多くの原因です。

この炎症が悪化すると、鼻に溜まった細菌などを鼻水と一緒に外に追い出す力が弱まるため膿が溜まり、いわゆる蓄膿症という症状になります。

蓄膿症の臭いの原因は?

蓄膿症によって臭くなるのは大きく分けて2つ原因があります。

  • 副鼻腔に膿が溜まってきたから
  • 口呼吸によって、口内の雑菌が繁殖しやすくなったから

もともと鼻水というのはサラサラしていて、鼻の中に風邪の菌や花粉などの異物が入ってくると、鼻の粘膜にある血管が拡がって鼻水を分泌させ異物を外に追い出そうとします。

しかし、鼻の奥の副鼻腔に細菌や異物が入ってしまうと、炎症を起こし粘膜が腫れて、鼻腔と副鼻腔をつなぐ箇所をふさいでしまうため、副鼻腔に膿が溜まり、鼻水と混ざることで黄色い鼻水へと変化します。

この膿が臭いの「もと」になり、放置してしまうと鼻水よりも膿の割合が大きくなって副鼻腔全体を膿で覆ってしまうため臭いを直接感じてしまうんです。

もう1つの原因は、蓄膿症によって鼻が詰まり、口呼吸になってしまうことが考えられます。

蓄膿症になると鼻での呼吸が困難になるため、常に口が空いた状態になってしまいます。

口呼吸をすることによって唾液が少なくなり口腔内の細菌の活動が活発化してしまうため口臭に繋がります。

また、副鼻腔を覆っている膿が喉に垂れてきて後鼻漏(こうびろう)という症状が起き、膿の臭いを口からも発生させてしまうんです。

この後鼻漏になってしまうと口の中にも膿の細菌が広がってしまい、虫歯や歯周病の原因にも繋がってしまうので、蓄膿症にかかったら早めの病院への受診が大切です。

臭いの特徴は?

蓄膿症の臭いは一般的には他人からは分からないとされています。

副鼻腔自体は鼻の奥にあるため人に気付かれることはあまりありませんが、炎症が悪化してドロドロと鼻水のように膿が下りてきたら口臭として臭いを放つことも考えられます。

この蓄膿症の臭いの特徴は、少し酸っぱい臭いがして食べ物が腐ったときに似ています。

もしこのような臭いを感じたときは、副鼻腔と口内は繋がっているため口臭を悪化させる原因にもなってしまいますので早めの病院への受診をおすすめします。

蓄膿症は自覚できる?

蓄膿症の初期は、臭いもまだ強くないため人によっては自覚できないという人もいます。

自覚せずにそのまま放置してしまうとどんどん悪化してしまいそれこそ口臭として他人に気付かれてしまうぐらいの臭いの強さになってしまいますよね。

そこで蓄膿症を自覚するための前兆をご紹介します。

鼻水、鼻づまり

副鼻腔に膿が溜まっているため、鼻水、鼻づまりの症状がでてきます。

通常のアレルギー性鼻炎の場合は、透明な鼻水がほとんどだと思いますが、蓄膿症にかかっている場合は上記にも書いたとおり黄色や緑がかった鼻水になることが多いです。

また、膿が大量に出ているときは、鼻腔をふさいでしまいますので鼻づまりの症状もでてきます。

周りのにおいが分からなくなる

長期間、副鼻腔の炎症を起こしていると鼻の中の神経がマヒしてしまい嗅覚が鈍くなってくることもあります。

また鼻腔も腫れあがり空気の通り道がなくなってしまうため周りのにおいが分からず、鼻呼吸が困難に感じることもあるでしょう。

鼻の回りや顔面が痛くなる

蓄膿症は炎症を起こしていることから鼻の回りや顔面に痛みが生じることがあります。

特に炎症がひどくなってくると、両目の間にある「篩骨洞(しこつどう)」という場所や、鼻の上の額部分にある「前頭洞(ぜんとうどう)」にまで広がり痛みを感じ出します。

ここまでになってくると、蓄膿症以外の病気に感染する恐れもあるため、早めに病院に行くようにしましょう。

蓄膿症の臭いを消す方法

まず結論から言いますと、蓄膿症の嫌な臭いを根本から消すためには病院で治療を受けるしかありません。

これから提案する蓄膿症の臭いを消す方法はあくまでも一時しのぎにしかなりませんのでご了承下さい。

病院に行く時間がないとか、とりあえず臭いだけを何とかしたいという方にはおすすめな方法ですのでぜひ試してみて下さい。

早急に蓄膿症の臭いを消すには、

  • 鼻うがいをする
  • 口臭サプリを試してみる

この2点の方法があります。

鼻うがいをする

鼻うがいは上記でも書きました蓄膿症の原因から考えれば一番有効的な方法です。

鼻うがいをすることで副鼻腔に溜まった膿を洗い流すことができますので、臭いの元である原因を取り除くことができます。

実際に病院での蓄膿症の治療も鼻うがいは必ず受けますので、家でも簡単にできる方法としては良いですよね。

口臭サプリを試してみる

口臭サプリと蓄膿症は一見関係なさそうに思われるかもしれませんが、意外に効果的です。

理由としましては、副鼻腔に溜まってしまう膿は体内から分泌される粘液が原因ですので、体内環境を整えることで膿の臭いを軽減することができます。

特に最近、口臭や体臭で人気がある「レディーズローズ」というサプリは、口の中の悪玉菌や臭いの原因物質と化合して臭いを消すことの出来る柿タンニンという成分が配合されていますので、蓄膿症の膿の中に存在している細菌にも作用して臭いを抑えることが出来ます。

まとめ

このように蓄膿症の臭いの原因は、副鼻腔の炎症で起きる膿が原因であり、鼻炎、花粉、アレルギーと誰にでもかかってしまう要因を持っています。

一度蓄膿症にかかってしまうとあの不快の臭いを感じてしまうことになりますが、紹介した臭いを消す方法を試してもらえれば、少しは臭いの辛さを軽減することが出来ます。

しかし、蓄膿症はれっきとした病気ですので、放置するのではなく必ず病院を受診して確実に治すことが大切です。