⇒ 早く体臭を治したい!体臭リセットサプリ♪「臭ピタッ!」

脂漏性湿疹はアブラ臭い!?皮脂と臭いを抑える方法は?

頭を掻く女性

「頭からイヤな臭いがする…。」「いくら洗ってもニオイが取れない!!」

毎日シャンプーなどのヘアケアをしているのに、なぜかイヤなにおいがするという悩みを持っている女性は少なくありません。

もしかすると頭皮が臭うのは「脂漏性湿疹」という症状になっている場合があります。

別名脂漏性皮膚炎とも呼ばれ、脂漏性湿疹にかかっている人は主に下記の症状がみられます。

  • 頭がアブラっぽい臭いがする
  • 頭皮の色が真っ赤になって全体的に痒くなり、細かいカサブタやフケが出てくる。
  • お風呂に入ったばっかりなのに頭皮がギトギトする。

今回は頭皮の臭いが気になっている人のために、脂漏性湿疹ができてしまう原因と、臭いのメカニズムを解説したいと思います。

目次

脂漏性湿疹はどんな臭い?

脂漏性湿疹になると頭からアブラ臭いがします。

よく脂漏性湿疹の臭いは加齢臭の臭いと似ていると言われています。

加齢臭は皮脂に含まれている脂肪酸が原因で臭いを発生させますが、脂漏性湿疹の臭いも仕組みは同じく、頭皮からでてくる皮脂によって臭いが出てきます。

脂漏性湿疹がひどくなってくると、周りだけではなく自分でも臭うレベルに発展してしまい、エレベーターなどの狭い場所に行きたくなくなりますので、すぐに改善したほうがよいでしょう。

⇒「もしかして臭いかも?」気になってきたら、臭いケアサプリ「臭ピタッ!」

脂漏性湿疹はどうして臭うの?

脂漏性湿疹の臭いは頭皮に住むマラセチア真菌が原因で発生しています。

マラセチア真菌は通常、人の体に常在している菌で外部からの細菌から肌を守ってくれる役割を担っています。

マラセチア真菌は頭皮から出る皮脂をエサにします。マラセチア真菌は皮脂を食べると代謝物(フン等)やガスを生み出します。

普通の人だとマラセチア真菌の数は少ないので何ともありません。しかし、皮脂が多く分泌するようになると異常に繁殖して肌の炎症やイヤな臭いを生み出してしまいます。

また症状が悪化すると頭皮のアブラっぽいフケが出始めて、臭いを悪化させさらにかゆみが出てきます。

かゆくてつい、かいてしまうと皮膚が傷つき、傷ついた皮膚を修復しようとしてより多くの皮脂を分泌していき、悪化し続けていきます…。

まとめると、

  • 脂漏性湿疹の臭いは細菌が皮脂を食べたときに出るガスのにおい
  • 細菌は皮脂が過剰に分泌されると一気に繁殖する
  • 改善しないと臭いは悪化し、かゆみやフケを発生させる

この3つが脂漏性湿疹の臭いの性質です。

脂漏性湿疹ができる原因は?

脂漏性皮膚は皮脂が多く出るようになることでかかることがわかりました。ではなぜ皮脂の量が多く出るようになるのでしょうか?

皮脂は食生活の乱れや洗顔、洗髪を過剰にすることでより多く分泌されるようになり、特に女性ホルモンの乱れや生理不順の影響によって、女性は皮脂の量が増えやすく、脂漏性湿疹になりやすいとされています。

  • 1日のシャンプーの回数が2回以上。
  • 生理不順が多い
  • 栄養バランスが偏っている。

この3つの特徴に当てはまる人は脂漏性湿疹にかかっている可能性が高いです。では、もしそのまま改善せずにいるとどうなるのでしょうか?

脂漏性湿疹が悪化するとどうなるの?

初期症状としてかゆみやフケが出ることが多く最初は脂漏性湿疹だと気づかないという人も多くいます。

しかし放置してしまうと自然治癒の可能性が低くなり、完治までに時間がかかってしまいますのできちんと症状を見極めて早めに対処をすることが大切です。

脂漏性湿疹が悪化することで起こる症状は4つあります。

  • 顔や頭に赤い湿疹ができる
  • フケが増える
  • 抜け毛が増える
  • 皮膚が油っぽくなる

顔や頭に赤い湿疹ができる

脂漏性湿疹で一番多い症状は、顔や頭に赤いポツポツとした湿疹ができることです。

この湿疹は強いかゆみを伴い、日常生活に支障をきたす場合もあります。

特に顔や頭は体の中でも皮脂腺が多く集まっている箇所ですので、皮膚の毛穴に皮脂が詰まりやすく湿疹を起こしやすいと言われています。

フケが増える

脂漏性湿疹は皮脂の分泌とマラセチア菌の繁殖が主な原因ですが、逆に皮脂を気にするあまり油を取りすぎて乾燥を引き起こしてしまうことがあります。

この乾燥がフケを増やし、頭皮をカサカサにしてしまいます。

この場合、単なるフケ症と勘違いすることもありますが、脂漏性湿疹の症状はフケの増加と共に赤い湿疹も出てきますので、シャンプーの洗い残しに注意して日頃のケアが大切です。

抜け毛が増える

脂漏性湿疹が原因で抜け毛が増えることを「脂漏性脱毛症」とも言いますが、頭皮の皮脂の異常分泌が原因で毛根が炎症を起こすために症状があらわれます。

頭皮がベタつきやすくなったり、かゆみを感じたら脂漏性脱毛症の可能性があります。

皮膚が油っぽくなる

脂漏性湿疹という名前の通り、皮膚が油っぽくなってきます。

皮膚科を受診されている患者の約2%~3%は脂漏性湿疹患者と言われるほど症状の多い病気ですので、食生活の見直しや保湿などのケアをして、皮膚が油っぽくなるのを防ぐことが大切です。

脂漏性湿疹は病院で治療できるの?

脂漏性湿疹の薬は、処方薬や市販薬と比較的種類は多いですが、主に

  • 抗真菌薬
  • ステロイド剤
  • 抗アレルギー剤
  • ビタミン剤

が使われることが多いです。

主な効果としてマラセチア菌の量を減らす働きや、皮膚の炎症を落ち着かせる効果があるものまで、色々な治療薬がありますので、医師の指導のもと正しく使えば症状も改善されるでしょう。

ただ、一度皮脂が多く出るようになってしますと、脂漏性湿疹が完治しても再発しやすく、長期間医師に診せ続ける必要があります。

脂漏性湿疹の臭いを防ぐ方法

脂漏性湿疹は一度かかってしまうとなかなか治らずに、完治したとしても再発する可能性が高いとされています。

再発を繰り返す事で頭皮の毛穴に皮脂が頻繁に詰まりやすくなるため、アブラ臭さも消えにくくなります。

一番の対策は脂漏性湿疹にかからないように事前に予防をする事が大切です。

予防に効果的な方法は3つあります。

  • シャンプーを付けすぎない
  • 油っぽい食べ物を控える
  • 適度な運動をする

シャンプーを付けすぎない

正しい洗髪で大切な事は、シャンプーを付けすぎないという事です。

シャンプーをたくさん付けた方が汚れが落ちそうな気がしますが、髪を洗うのにたくさんのシャンプーを使うと毛穴に詰まりやすくなるだけでなく、洗い残しの原因にも繋がります。

この洗い残したシャンプーが皮脂と一緒に毛穴に詰まってしまうと、マラセチア真菌だけではなく他の雑菌の繁殖にも繋がってしまいますので臭いをさらに強めてしまう原因になってしまいます。

洗い流す時はシャンプーを付けた時間の倍の時間を使って洗い流す事が良いでしょう。

臭いを防ぐ正しい洗髪の仕方はコチラ >>

油っぽい食べ物を控える

マラセチア真菌の異常繁殖は皮脂の大量な分泌によって起きます。

油っぽい食べ物を摂りすぎると当然皮脂の分泌量が多くなりますので、食生活を見直す事も改善の一つです。

主に食物繊維が多く含まれた食べ物を摂り入れるようにすると、胃腸に溜った余分な皮脂を絡め取ってくれて便として外に排出してくれますので、皮脂の分泌を抑えるには効果的ですよ。

適度な運動をする

運動をする際に大切なポイントは汗をかくという事です。

脂漏性湿疹の人は肌の炎症を悪化させる恐れがあるため、汗をかくことを嫌う人が多いです。

確かに汗のせいで痒みがひどくなったり、汗でニオイがキツくなったりと考えるでしょう。

しかし、汗をかく事で体に溜った皮脂や老廃物を外に出す事が出来ますので、全身の代謝がアップし臭いが発生する元を追い出す事が出来るんです。

サプリで脂漏性湿疹を改善する?!

脂漏性湿疹の臭いの予防には、体内の皮脂や老廃物を溜め込まないようにして体の代謝アップをする事が重要なポイントです。

代謝を促すためには、運動や食生活の改善のほかにも胃腸などの内臓の調子も整えなければならず、とても手間がかかります。

胃腸の調子を整えるためには、乳酸菌などの善玉菌を摂るのもいいですが、簡単に胃腸の調子を改善することができる体臭サプリをオススメします。

最近の体臭サプリには、ただ良い匂いがする成分が入っているだけではなく、胃腸の調子をしっかりと整える成分が多く入っており、加齢臭や脂漏性湿疹にも効果的です。

サプリメントは会社や出先でも簡単に飲む事が出来ますので、食生活がちょっと乱れても毎日安定した改善効果が期待できます。

ぜひこの機会に臭い予防の一つとして体臭サプリを試してみるのもいかがでしょうか?

臭いケアをしたいならコレ!体臭サプリ「臭ピタッ」はこちら >>