体臭は食べ物で抑える事ができる!臭いを抑えるNO.1食材はコレ!

食べ物

ニンニクを食べれば体臭や口臭が強くなるのは皆さん百も承知ですよね。

特に女性の皆さんはデートに備えて臭いがキツくなる食べ物を控えるという方が多いと思います。

体臭の主な原因は、汗や皮脂など体内環境から発生するものが多く、食べ物の影響というのはかなり大きいです。

そこで、食べ物を意識するだけで体臭の抑制はできるのか?臭いを抑える食べ物は何なのか?解説していきたいと思います。

そもそも体臭をキツくする食べ物は?

体臭をキツくする食べ物の代表格として「ニンニク」がありますよね。

食べたら元気になって滋養強壮にも効果が高いとされていますが、何せ臭いのせいで敬遠されがちです。

しかし体臭をキツくする食べ物はニンニクだけではないんです。

  • 香辛料やニオイの強い野菜
  • 肉類
  • アルコールやカフェイン

などなど、体臭を放つ要因を持った食べ物はたくさんあります。

それぞれの特徴や体臭の原因をみていきましょう。

香辛料やニオイの強い野菜

カレーや中華料理など香辛料を使った料理は数えきれないぐらい存在していますが、香辛料には発汗を促して体内の老廃物を排出してくれる役割をもっています。

しかし、健康面では良い面の香辛料も、体臭にとってはマイナスになってしまいます。

香辛料には主に辛み成分となる植物が多く配合されていますが、摂取し過ぎると汗を出す汗腺を刺激して多汗症の原因に繋がります。

汗の量が増えるということは、汗の中の臭い成分の量も増えて体臭を拡散してしまいますので、体臭が強くなってしまいます。

肉類

肉類を多く食べ過ぎると体臭が強くなるというのは、知ってる人も多いと思いますが、その理由は、肉類は野菜類に比べて腸内で消化される時間がかかるというところにあります。

長く腸内に留まっていることで悪玉菌が増殖し、腐敗臭を発生させますので汗や便の臭いがキツくなってしまうんです。

この腐敗臭は、消化の際に「硫化水素」や「アンモニア」が腸内に発生することに関係しており、血液を通して臭いが全身を巡ってしまうため、体臭がキツくなってしまいます。

アルコールやカフェイン

お酒を飲むと体が熱くなるという人は多いと思いますが、アルコールやカフェインには、皮膚の血管を拡張させたり、汗腺の活動を活発化させる働きをもっています。

お酒を飲んで、体内で酸化されたアルコール、カフェインが、拡張された血管や、汗腺の活発化によって全身を巡るため、体臭に繋がります。

また、アルコールが体内で分解されて代謝するときに、「アセドアルデヒド」や「酢酸」という臭いの強い物質に変わり、呼気や尿から排出されるため、二日酔い特有の体臭を作ると言われています。

食べ物で体臭は抑制できるのか?

最初にも書きましたが、体臭の主な原因は体内環境の乱れが原因です。

なので、食生活を改善して体内環境をキレイに整えてあげればもちろん体臭を抑制する事が出来ます。

特に「ビタミン類」を摂取する事が効果的で、ビタミンには体内の脂肪物を分解する働きたんぱく質の代謝を促進させる作用がありますので、脂肪から発生する臭いの元を退治してくれるんですね。

また、βカロチンも体臭予防には効果的でβカロチンに含まれている抗酸化物質体内での脂肪の酸化を抑えてくれる働きがある為、加齢臭の予防にも効果があります。

ビタミン類やβカロチンの主な食べ物は野菜ですが、その中でも

  • トマト
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • パプリカ
  • 納豆
  • さんま
  • ししゃも
  • まぐろ

を積極的に摂るようにすれば体内からの臭いの発生を防ぐする事が出来ます。

体臭を抑える食べ方

「体臭を強くしてしまう食べ物」と「体臭を抑えてくれる食べ物」を紹介しましたが、食べ方ではどう変わってくるでしょうか?

結論から言ってしまえば、「良く噛んで食べる」ということです。

一見、食べ方だけでは体臭と関係なさそうに思えますが、食事の際にあまり噛むクセがない人は、食材に含まれる脂質や糖質をまるまる飲み込んでいるのと同じです。

脂質や糖質がそのまま体内に入ると消化、分解に時間がかかり悪玉菌の異常繁殖に繋がります。

悪玉菌が増えると血流にのって全身を回り、皮膚や呼気として悪臭を放出してしまいます。

良く噛んで食べることを意識すれば、体臭に繋がる成分を消化、分解しやすくなりますので、悪玉菌の増殖を抑え、老廃物(便)として外に排出しやすくなります。

体臭を防ぐNO.1食材はコレ!!

ズバリ!!「めかぶ」です!!

意外・・!!と思った方もいらっしゃると思いますが、めかぶのヌルヌル成分の中には「フコイダン」という成分が含まれています。

このフコイダンは、腸内に入ると食物繊維のような働きをして、アンモニアや硫化水素といった悪臭の成分を包み込んで、便として外に排出してくれる働きを持っているんです。

さらにこのヌルヌル成分には腸の消化管粘膜を維持して「腸肝循環」を促進してくれる作用がありますので体臭成分の多くをフコイダンと一緒に絡め取ってくれるんです。

また同じヌルヌル成分である納豆と一緒に食べる事で納豆菌が腸内で善玉菌の役割を担う為、悪玉菌を退治して便やオナラだけでなく、体臭、口臭を改善に導いてくれます。

まとめ

このように体臭は食べ物でも抑制する事が可能とお分かり頂けたと思います。

もちろん、ニンニクやお肉類はとても美味しくついつい食べ過ぎてしまいがちですが、体臭予防の為には我慢する事も必要です。

また、食生活の改善と共に体臭サプリも一緒に取り入れるというのも一つの手です。

体臭サプリには食生活の改善と同様に腸内環境をキレイに維持して臭いの元への対策ができますので、ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか?