トップ

緑茶は口臭に効く!緑茶の効果と落とし穴

緑茶の写真

緑茶は口臭に効く!

よくそういう話を聞くと思いますが、なぜ緑茶が口臭に効くのでしょうか。

カテキンがどうたらこうたら。ポリフェノールがなんちゃらかんちゃら。

色んな話があると思いますが実際のところ緑茶は口臭に効果はあるのでしょうか。

緑茶は自宅で作ったりコンビニで買ったり、自動販売機でも買える日本人にとっては身近な存在ですよね。

ここでは緑茶と口臭の関係を調べたので説明していきます。

緑茶には口臭を抑える成分が入ってる!

有名な話ですが、緑茶にはカテキンと呼ばれるポリフェノールの一種が多く含まれています。

カテキンには非常に強い消臭効果や殺菌効果があるため、掃除などにも使われるほどで、緑茶を飲む事で口の中にいる雑菌を退治してくれるのです。

そもそも口臭の原因は、口の中で繁殖した細菌が臭いを発したり、唾液の不足で口が乾燥して口の中に雑菌が発生して臭いの元になっているのです。

大人の口の中には、300~700種類の細菌が生息しているといわれます。

歯をよく磨く人で1000~2000億個、あまり歯を磨かない人では4000~6000億個、さらにほとんど磨かない人では1兆個もの細菌がすみ着いています。

うがい薬として有名なものにイソジンがありますよね。

正式にはポビドンヨードと呼ばれていて、外科の手術の消毒にまで使われる殺菌作用の効果を持っているものです。

カテキンにはポビドンヨードに似た効果があるのです。

緑茶はポビドンヨードと同様に口の中の細菌を減らす効果があることがわかっています。

ポビドンヨードには一時的に雑菌を減らし、口臭の原因となる発揮性硫化物を抑制する効果があり、これと似ている緑茶にも雑菌を減らすという観点から口臭に効果があるとされています。

また、口臭の原因は口の乾きにもあります。

口の中で分泌される唾液のおかげで口の中が潤い、細菌の繁殖を防ぐことができますが、口呼吸やドライマウスなどで口の中が乾燥していると、細菌が大量に繁殖してしまい、口臭の原因になります。

緑茶を飲み、口の中を潤すことで細菌の繁殖を防ぐこともできるのです。

緑茶を飲む事で殺菌と乾燥防止のダブル効果があるのですね。

緑茶の上手な飲み方

緑茶はどのタイミングで飲めば口臭に効くのでしょうか。

まず大事なのは寝起き直後です

朝起きた時は口の中が乾燥してて口臭がきついと感じますよね。

これは寝ている間は唾液の分泌が抑制されてしまい、口の中の細菌が繁殖してしまうために起こるのす。

なので、寝起きは緑茶で口の中の細菌を減らしましょう。

寝ている間は成人で約コップ1杯分の汗をかくといわれているため、寝起きは脱水症状に近い状態になっているので、緑茶でしっかり水分補給をすることも大事です。

また、空腹時にも緑茶は有効です。

これも唾液の分泌が関係していますが、空腹時の唾液の分泌は食事中と比べて減少していて、口の中の細菌の増加の原因となり、口臭の原因にもなりますので、緑茶を飲んで口臭を防ぎましょう。

しかし、空腹時に飲みすぎるとカフェインが胃を刺激して気持ち悪さを感じてしまうので、適度の量を飲むように心がけるとよいでしょう。

他にもデートの前や大事な商談の時など、すぐに口臭を抑えたい時に緑茶は有効ですね。

ちなみに緑茶と言ってもペットボトルとして売られている緑茶と急須(きゅうす)で入れた緑茶がありますよね。

じつはカテキンを多く含んでいるのは急須でいれた緑茶なのです。

とある機関が行った研究では煎茶抽出液には市販のお茶と比べ、2.5倍ものカテキンが含まれているという結果を出しました。

なのでペットボトルの緑茶よりも急須で入れた緑茶を飲む方が口臭に有効です。

急須でいれたお茶をペットボトルに入れ替えて持ち運ぶと便利ですね。

緑茶による口臭対策の落とし穴

緑茶は口臭を消してくれる!

そう思うかもしれませんが、実は落とし穴もあります。

それは緑茶に含まれるカフェインが関係していて口臭の悪化を進めてしまうことがあります。

カフェインはコーヒーに含まれえる事で有名ですが、緑茶にも入ってます。

なぜカフェインを摂取すると口臭が悪化するかというと、カフェインは唾液を少なくしてしまう作用があるからなんです。

カフェインによって唾液が少なくなってしまうと、口の中が乾燥してしまい口臭の原因となってしまいます。

また緑茶に含まれるカフェインによって心拍数を向上させる強心作用や、血液の循環が増加する事から利尿作用が働き、尿がたくさん作られます。

水分補給のために緑茶を飲んでいるのに多くの尿として水分を失ってしまうのです。

このことから口を乾燥させないために緑茶を飲んでいるのに、逆に口の中を乾燥させてしまうこともありますので、飲む量には注意してください。

唾液の量が減ってしまうと口の中が乾燥してしまい、口内に雑菌が発生して口臭の元になってしまうので、緑茶の口臭への効果は一時的なものとして認識していた方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

緑茶の効果はカテキンの殺菌作用によるもの・口の乾燥を防ぐものだということがわかりました。

緑茶は口臭を抑える効果がありますが、一時的なものだということを分かっていただけたらと思います。

そもそもの口臭を抑えるにおすすめなサプリもあるので、そちらを使ってみるのもよいかもしれません。

おすすめしているレディーズローズというサプリを使うと息をバラの香りにしてくる効果が期待でき、寝起きの口臭を抑えてくれて、口内に潜んでいる悪玉菌に働きかけますので彼氏とのキスも安心ですし、空腹時や大事な商談の時も爽やかな匂いを出してくれます。

あなたも口臭対策にこのサプリを使ってみるのはいかがでしょうか。