口臭って牛乳で消えるの?

牛乳

牛乳は食後の口臭に効く!

そんな噂を聞いた事ありませんか?

もしかしたらすでに実践している方もいるかもしれませんが、多くの方があまり深く考えずに、取り急ぎの口臭対策として牛乳を飲んでいることと思います。

お昼休みにニンニク入りのラーメンを食べたり餃子なんかを食べてしまって、午後からの職場で強い口臭を放っている人ってたまにいますよね。

ここでは牛乳は口臭対策に効き目があるのか、牛乳の効果などを説明していきます。

牛乳って本当に口臭に効果はあるの?

実は牛乳には抜群の口臭予防効果があるのです。

牛乳にはタンパク質が多く含まれていて、臭いの原因であるアリシンを包み込むからだと言われています。

アリシンとはニンニク・ニラ・玉ねぎなどに含まれる香気成分で、これらの食品を調理(切ったり潰したり加熱したり)することで「アリイン」という物質発生し、「アリイナーゼ」という酵素と結合することによって「アリシン」が発生します。

アリシンはタンパク質と結合しやすい特徴を持ち、牛乳に多く含まれるタンパク質により包み込まれ、体内に吸収されにくく、その結果口臭を軽減してくれるのです。

牛乳を飲むタイミングとしては食前もしくは食中で、ベストなのは中和させながらの食事がおすすめです。

しかし残念ですが、牛乳の消臭効果は万能ではありません。

牛乳の効果はアリシンを含む臭いの強い食材によるものだけなのです。

ここでは牛乳で臭いが消せるもの、消せないものを紹介します

牛乳で臭いが消せるもの

牛乳で臭いを抑えられるものは、食べ物による口臭原因の物だけです。

具体的にはにんにく、ニラ、玉ねぎなど臭いが強い食べ物による口臭です。

牛乳で臭いが消せないもの

牛乳で口臭に効果が無いものは「アルコール」による口臭です。

牛乳を飲む事で胃に膜を張る!という話を耳にしたことがあるかもしれませんが、牛乳により膜ができた後に水分をとれば、その膜は洗い流されてしまいます。

そのため、アルコールによる口臭予防対策には効果がないと言われています。

ただし牛乳を飲む事で胃に直接かかる負担を減らす作用や、牛乳に含まれるタンパク質が肝臓のアルコール分解の働きを助け、酔いを抑える効果は高いと考えられています。

また、牛乳の口臭予防効果は歯周病や虫歯、ドライマウスなど口の中の病気が原因で発生している口臭には効果がありません。

同様に何らかの身体のトラブル、蓄膿症や胃腸の疾病、糖尿病などの呼吸器系、内臓系の疾病から発生する口臭にも効果は期待できません。

効果があるのはあくまでも、食べ物による口臭原因の物だけだということを覚えておいてください。

牛乳が口臭の元になる??

あまり知られていませんが、牛乳が原因で口臭が発生することもあるのです。

舌が過敏な状況になると、舌表面がザラザラになります。

そこへ牛乳を摂取すると、牛乳に含まれる窒素化合物や硫黄化合物が付着してしまいます。

ざらざらとなっているので、ちょっとやそっとでは落ちません。

口の中に居続けることで、特に硫黄は強烈な臭いの元になります。

硫黄といえば、温泉の臭いで有名ですよね。

その臭いが口の中で発生するとは、恐ろしい話です。

その他にも、牛乳が口の中で乾く事によっても口臭は発生します。

こちらは、雑巾の臭いというのが適切な表現ですね。

牛乳による口臭の対策には舌磨きが有効です。

最近では舌磨き専用のブラシが売られていますので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

また、過度な舌磨きは舌を敏感にし、ザラザラの状態にしてしまい、牛乳成分の付着に繋がりますので、過度のお手入れは逆効果になることに注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

牛乳には口臭を消す効果もあれば、口臭を発する効果もあるのですね。

どうしても口臭を消したい方にはサプリで口臭を抑える方法も有効的です。

こちらで紹介しているサプリを試してみるのもいいですね。